危険物取扱者乙4試験に関する情報を提供していきます。

危険物取扱者乙4の合格率

危険物取扱者の試験は、意外に合格率が低いのです。

1番難関なのは、甲種です。

この資格は、試験に出る内容もかなり難易度が高い問題が出題されます。

危険物取扱者甲種は、取り扱う物質や薬品も、より危険度の高いものになります。

そのために、試験内容も難しく、多岐にわたる知識を必要とするのです。

それに比べて、乙種は乙1~乙6までの6段階があります。

乙種全体の危険物取扱者の合格率は、60%を超えています。

ですから、そんなに難関といえるほどの資格ではありません。

けれども、危険物取扱者乙4の試験だけは、合格率が30%強と、毎回合格率が低いのです。

このことは、受験生の間でもよく知られているデーターです。

そのため、自分が危険物取扱者乙4の試験を受けても、合格しないのではないかと不安になる方が多いです。

合格率が30%強だと、約3人のうちの1人しか合格しないことになるからです。

しかし、課題になっている試験内容をよく理解して、しっかりとした受験対策をすれば、あなたも必ず危険物取扱者乙4の試験に合格できます。

必要以上に不安に思うことはありません。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 危険物取扱者乙4の合格率

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kikenbutu-yuuma.com/mt/mt-tb.cgi/29

コメントする

2011年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
電気工事士