危険物取扱者乙4試験に関する情報を提供していきます。

危険物取扱者の種類

危険物取扱者の試験は、甲、乙、丙の3種類に分かれています。

1番難易度の高い資格が甲です。

危険物取扱者甲の試験には、受験制限があります。

しかし、危険物取扱者乙と丙は、受験資格はありません。

ですから、あなたが資格がほしいと思ったら,どなたでも受験することが可能なのです。

特に、危険物取扱者乙は、人気の高い資格です。

そのため、多くの回数の試験が行われています。

特に受験生の多い東京都では、毎月試験が行われています。

毎月試験が行われていれば、それだけ合格もしやすくなりますね。

また、危険物取扱者の資格は、消防法に基づく国家資格になっています。

危険物取扱者乙には、第1種から第6種までがあります。

第6種が、一番扱いにくい危険物を取り扱うことのできる資格です。

1番需要が高いのは乙4種ですが、それぞれに資格を持っていると、危険物の取り扱いをするときに役に立ってきます。

また、危険物取扱者乙の、第1種から第6種までの資格をすべてを持っていると、危険物取扱者甲とほぼ同程度の資格とみなされます。

2011年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
電気工事士